超音波部門

超音波部門からのお知らせ


NEW 更新講習会と試験の更新期限の対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止ため、精中機構主催の更新講習会および試験の開催を2021年3月末まで中止いたしております。
新年度4月以降の開催に向けて準備を進めていますが、コロナが収束しないと会場の予約ができなく、開催の回数は少なくなると予想しています。
更新講習会、試験が開始されましたら更新期限が迫っている方から順次受けていただくようにいたしますが、更新期限についての対応は下記といたしますのでよろしくお願いいたします。

<更新期限の対応>
1.更新期限を過ぎても更新として認めますが、最長でも本来の更新期限より2年以内に受けてください。
2.次回の更新期限は今回に限り、受けられた月より5年後といたします。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2021年2月24日

日本乳がん検診精度管理中央機構 理事長 横江 隆夫

精中機構主催の講習会および試験の今後の開催について

新型コロナウイルス感染拡大防止ため、当面精中機構主催の講習会および試験の開催を中止致します。
具体的な開催中止講習会は、各講習会の開催予定をご確認下さい。

<更新期限について>
1.更新期限 更新期限より1年間延長と致します。
2.対象者 全認定者

<更新期間が2019年4月~2022年3月特別猶予措置対象者の方>
1) 更新期限は1年間延長とし、2023年3月末日と致します。
2) 受講推奨期限も1年間延長と致します。
2020年3月末日の方 → 2021年3月末日まで
2021年3月末日の方 → 2022年3月末日まで
2022年3月末日の方 → 2023年3月末日まで
更新期限2023年3月末日までに更新いただきましたら更新となりますが、できるだけ受講推奨期限内に受講いただきますようお願いいたします。
※更新制度の詳細につきましては(こちら)をご参照ください。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2020年3月31日

▶超音波部門からのお知らせの一覧を見る