NEW 更新講習会と試験の更新期限の対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止ため、精中機構主催の更新講習会および試験の開催を2021年3月末まで中止いたしております。
新年度4月以降の開催に向けて準備を進めていますが、コロナが収束しないと会場の予約ができなく、開催の回数は少なくなると予想しています。
更新講習会、試験が開始されましたら更新期限が迫っている方から順次受けていただくようにいたしますが、更新期限についての対応は下記といたしますのでよろしくお願いいたします。

<更新期限の対応>
1.更新期限を過ぎても更新として認めますが、最長でも本来の更新期限より2年以内に受けてください。
2.次回の更新期限は今回に限り、受けられた月より5年後といたします。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2021年2月24日

日本乳がん検診精度管理中央機構 理事長 横江 隆夫

精中機構主催の講習会および試験の今後の開催について

新型コロナウイルス感染拡大防止ため、当面精中機構主催の講習会および試験の開催を中止致します。
具体的な開催中止講習会は、各講習会の開催予定をご確認下さい。

<更新期限について>
1.更新期限 更新期限より1年間延長と致します。
2.対象者 全認定者

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2020年3月31日

各種講習会について教育・研修委員会

マンモグラフィ検診ならびに超音波検診の精度を一定に保つための教育研修を目的に講習会を開催し、一定の基準に従って評価を行い、試験成績認定証を発行しています。

超音波講習会

医師、技師を対象に超音波講習会を開催しています。

乳房超音波講習会についてはこちら

施設・画像評価(施設・画像評価委員会)


マンモグラフィ検診ならびに超音波検診の撮影装置に対し、施設・画像・線量評価を行っています。

レビュー委員会について


乳がんの検診画像の読影に間する客観的評価を行っています。

精中機構にて受付中