超音波部門からのお知らせ

超音波技術講習会における文章試験廃止および評価基準の変更について

超音波技術講習会の文章試験を廃止し評価基準を次の通り変更いたします。
変更時期 : 2023年3月18日以降に開催の講習会
変更点 : 文章試験の廃止
対 象 : 精中機構主催および共催開催の技師および看護師を受講対象とする超音波技術講習会
その他 : 医師講習会の変更はございません。

試験問題 評価基準


画像試験
スクリーニング動画40問
静止画25問
動画25問
文章試験 20問
A:以下のすべてを満たすこと
 文章試験:60%以上
 動画試験と静止画試験の平均:感度90%以上、特異度90%以上
 静止画試験:カテゴリー一致度70%以上、疾患名の一致度60%以上
B:以下のすべてを満たすこと
 文章試験:60%以上
 動画試験と静止画試験の平均:感度80%以上、特異度80%以上
C:以下のすべてを満たすこと
 文章試験:60%以上
 動画試験と静止画試験の平均:感度70%以上、特異度70%以上
D:上記に満たないもの


画像試験
スクリーニング動画40問
静止画25問
動画25問
A:以下のすべてを満たすこと
 動画試験と静止画試験の平均:感度90%以上、特異度90%以上
 静止画試験:カテゴリー一致度70%以上、疾患名の一致度60%以上
B:以下のすべてを満たすこと
 動画試験と静止画試験の平均:感度80%以上、特異度80%以上
C:以下のすべてを満たすこと
 動画試験と静止画試験の平均:感度70%以上、特異度70%以上
D:上記に満たないもの

精中機構HP『乳がん検診超音波検査実施・判定医師リスト』への掲載には上記B評価以上が必要である。

2022年12月23日
NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構教育・研修委員会 丹黒 章