マンモグラフィ施設・画像評価からのお知らせ

新型コロナウイルスの影響によるマンモグラフィ施設・画像評価に関して

施設・画像評価は以下の取り扱いといたします。

<認定期限について>
1.認定期限:認定期限より当分の間は6ヶ月間延長と致します。
2.対象施設:全国の緊急事態宣言が発令された2020年4月16日時点の全認定施設

<受付について>
1.受付は随時行っておりますので、ホームページよりお申し込み下さい。

<デジタル受講証の提出について>
今年度開催されるデジタル講習会の回数が少なくなっております。
そのためソフトコピーシステムの申請に関して以下の取り扱いといたします。
1.デジタル講習会を受講されていなくても、施設・画像評価の申請は可能です。
2.申請された施設は、画像評価を行います。
3.評価後「施設画像評価判定結果報告書」を発行いたします。
4.認定証はデジタル受講証のコピーを当機構にお送りいただいたのち発行いたします。
※認定期間は評価日の翌月から3年間となります。
2020年11月21日追記
検診マンモグラフィ読影医師と認定された医師で、以下の「モニタの診断」講義を取り入れた講習会を受講された医師は、「デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会」を受講した取扱いといたします。
・通常講習会:2018年4月以降
・更新講習会:2018年6月以降
<追加> 2021年9月22日
・読影部門デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会
医師についてはすでに更新済みの先生は、更新講習会の講義のみでも受講済みといたします。(講義のみの受講料は税込み\22,000円)

※重要※ソフトコピーシステム認定取得のための読影部門更新講習会 注意事項

・技術部門デジタルマンモグラフィ品質管理講習会
技師についてはデジタルマンモグラフィ品質管理講習会のE-learningを受講し、合格すれば受講済みといたします。(受講料\11,000円)


皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


ソフトコピーシステム認定取得のための読影部門更新講習会 注意事項

ソフトコピーシステムの認定取得のために、検診マンモグラフィ読影医師と認定された医師が更新講習会を受講される際は、下記内容をご理解いただいた上で更新講習会をお申込みください。

<更新期限のカウントについて>
1、更新講習会を完全受講される場合(試験まで受講される場合)
・更新期間中の先生は更新満了月から5年とカウント
・更新期間前の先生は受講月から5年とカウント

2、更新講習会の「講義のみ」を聴講される場合(試験を受けない場合)
更新期限は変わらない(更新期間になりましたら、改めて更新講習会の完全受講もしくは読影試験にて更新していただく必要がございます。)


<更新講習会お申込み時の注意事項>
更新講習会のお申込み時の備考欄に「デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会のため」とご入力をお願いいたします。
上記に加えて「完全受講希望」「講義のみ希望」かを、ご入力くださいますようお願いいたします。
「デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会のため」のみのご入力は、完全受講される先生としてお申込みを受理いたします。

本来更新講習会は更新目的の先生が受講される講習会のため、上記の内容を備考欄にご入力いただかないと、更新期限が間近な先生から選考し受講できない場合がありますので、必ずご入力ください。