お知らせ

AGD(平均乳腺線量)めやす盤 販売開始

 乳がん検診の信頼性を継続するには、精度管理を一定水準で継続することが最重要です。そのポイントは高診断付加価値画像の提供と、その画像を得る線量を技術的・経済的に許す範囲内で最少にすることです。
臨床の照射条件から正確な平均乳腺線量を計算で求めることは困難ですが、今回その平均乳腺線量を、簡単な方法で求める計算盤を千代田テクノル社が開発しました。それを用いると照射条件から平均乳腺線量が求まり、逆引きの平均乳腺線量から照射条件をも求めることができます。これを用いると照射条件と平均乳腺線量の関係が大まかですが、把握することができます。是非、可能な範囲で少線量での照射を実現いただければと思います。
その計算盤を「AGDめやす盤」として精中委が皆様に提供することといたしました。
是非”撮影の友”としてご使用いただければ幸いです。


「AGD(平均乳腺線量)めやす盤 販売開始」の続きを読む

震災の影響による更新期間の猶予について

 去る3月11日に発生した東北・関東大震災で被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、最愛の方を失った方々に哀悼の意を捧げます。また福島原発の危機が早期に終息することを合わせて祈念しております。

さて、今回の東北・関東大震災の想定をはるかに越えた全容が明らかになるにつれて、予定していました下記の講習会は中止または延期となりました。
そこで被災された読影医師、撮影技師および施設の更新を猶予することにいたしました。詳細な猶予期間等は状況を見ながら判断したいと思います。
皆様におかれましては、それぞれのお立場で被災された方々の救護並びに復興支援活動に尽力頂けますよう祈っております。

読影部門
  • 6月18-19日(東京 )平成23年度第1回東京都マンモグラフィ読影医師講習会 東京都
技術部門
  • 3月25-27日( 東京 )第18回マンモグラフィ撮影技術講習会 財団法人日本対がん協会
  • 5月14-15日(東京 )平成23年度第1回東京都マンモグラフィ撮影技師講習会 東京都
  • 5月21-22日(東京 )第52回撮影技師更新講習会 精中委
  • 6月 4-5日(埼玉 )東京・埼玉マンモグラフィ検診従事者講習会 埼玉技師会、技術学会東京部会

デジタルマンモグラフィ品質管理マニュアルが発刊されました

デジタルマンモグラフィ品質管理マニュアル

編集:NPO法人 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 

定 価 2,940円 (本体2,800円+税5%)
発 行 2009年11月
販売元 医学書院

医学書院サイト
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=81274

 マンモグラフィは、急速な勢いでアナログからデジタルへ移行しており、普及率もますます高まることが予想されます。
しかし、「マンモグラフィガイドライン 医学書院」、「乳房撮影精度管理マニュアル 改訂版 日本放射線技術学会編集」ではアナログマンモグラフィを対象とした品質管理項目が掲載されており、デジタルマンモグラフィが普及した現在では、上記書籍では不足する項目が生じてきました。
本書には、デジタルマンモグラフィの受入試験項目を中心にすべての精度管理項目を収載し、デジタルマンモグラフィに携わる方の必携書として編集しました。本会開催のデジタルマンモグラフィ技術講習会参加者には、必須の教科書と言えます。


目 次

1.はじめに

2.受入試験
2.1 乳房X線撮影装置
2.1.1 X線装置の機能確認
2.1.2 乳房圧迫器
2.1.3 公称焦点寸法
2.1.4 X線照射野と受像器面との整合性(胸壁端付近の画像欠損確認を含む)
2.1.5 管電圧の表示精度
2.1.6 X線出力
2.1.7 半価層(HVL)
2.1.8 AEC作動時の再現性
2.1.9 AEC作動時の平均乳腺線量(AGD)
2.1.10 AEC作動中のCNR
2.1.11 アーチファクトの確認
2.1.12 画像歪み
2.1.13 加算的ラグ効果
2.1.14 乗算的ラグ効果
2.1.15 ダイナミックレンジ
2.1.16 システム感度
2.1.17 空間分解能
2.2 画像表示システム
2.2.1 全体評価試験
2.2.2 グレースケール試験
2.2.3 アーチファクト試験
2.2.4 輝度均一性試験(測定評価)
2.2.5 コントラスト応答試験
2.2.6 最大輝度および輝度比試験
2.3 イメージャ
2.3.1 自動濃度補正の確認
2.3.2 外部濃度計による階調の確認
2.3.3 画像出力性能

3.定期的な管理
3.1 X線装置
3.2 画像表示システム
3.2.1 輝度均一性試験(目視評価)
3.2.2 最大輝度および輝度比試験
3.2.3 輝度試験(参考)
3.3 イメージャ
3.3.1 自動濃度補正の確認
3.3.2 外部濃度計による階調確認
3.3.3 画像出力性能

4.日常的な管理
4.1 X線装置の機能確認と清掃
4.2 画像表示システムの確認と清掃
4.2.1 画面の清掃
4.2.2 周囲光
4.3 イメージャの確認と清掃
4.3.1 自動濃度補正の確認
4.3.2 清掃
4.4 システムの作動確認

付録
1.用語の解説
2.主な測定器の仕様などについて
3.線形性
4.低コントラスト分解能の試験方法
5.画像評価用乳房ファントムの評価方法
6.コントラスト応答

参考文献
索引


読影医師および撮影技師 資格更新 猶予期間終了のお知らせ

 2007年4月より導入しました資格更新制度は、皆様のご協力により順調に実施して参りました。
更新制度導入時よりホームページなどでご連絡しておりましたが、2010年3月末日をもちまして、猶予期間を終了させていただきます。更新手続きをされていない先生方は、お早めに対応をお願いします。

猶予期間が終了いたしますと,更新手続きをされていない先生方には、下記の手続きを行いますのでご了承ください。

  • 受講履歴および評価データの削除
  • 本会のホームページからの氏名削除
なお、更新制度の詳細は、資格更新のお知らせをご参照ください。