マンモグラフィ 施設画像評価

マンモグラフィ施設画像評価 【デジタル(ソフトコピー)】 申し込みのご案内

 マンモグラフィ検診および診療には、良いマンモグラムを確保することが重要です。 撮影装置が仕様基準にあっていても、その使い方や現像条件によって、実は思いがけない画質であることも珍しくありません。
平成12年4月1日から「癌予防重点健康教育及び癌検診実施のための指針」の一部が改正され、50才以上の乳癌検診には原則としてマンモグラフィ検診が導入されました。その後、平成16年3月に乳がん検診は、マンモグラフィを基本とし、対象年齢が40歳以上となりました。さらに乳房エックス線写真撮影の実施機関は日本医学放射線学会の定める仕様基準を満たした装置を有することが定められています。
そこで、日本乳がん検診精度管理中央機構(精中機構)の事業として、平成13年6月から画像・線量評価および良い画質を得るためのマンモグラフィ施設・画像・線量評価を行っております。
評価は、書類審査・臨床画像・ファントム画像・線量について、精中機構・施設画像評価委員会が作製した新基準(2012年4月1日より)を基に評価します。対象は,デジタルシステム(CR,DR)を用いたマンモグラフィによる乳がん検診および精密検査実施施設で,ソフトコピーにより読影診断を運用している施設である。(以下,ソフトコピー施設画像評価)
審査に合格した施設には精中機構・施設画像評価委員会から認定書が授与されます。合格しなかった施設には審査項目別に改良の方法、留意点などを記述した書類を送付し、再審査を行います。
なお、この評価は3年間は有効とし、3年毎に再評価をうけていただくこととなっています。
※平成14年4月より、評価料を5万円+消費税とさせていただいております。ご了承のほどお願いいたします。

日本乳がん検診精度管理中央機構
施設画像評価委員会委員長 横江隆夫

評価料 新規or更新 54,000円(税込)
C評価取得後の再評価料 ファントム合格済 32,400円(税込)
ファントム不合格 43,200円(税込)
再々評価料 21,600円(税込)
振込先 お振込みは、申込フォーム送信後(必要書類送付後)にお振込みください。
申込フォーム送信前にお振込みした場合は、処理が遅れます。

郵便振替口座 00890−8−120411
精中機構施設画像評価(セイチュウキコウシセツガゾウヒョウカ)

銀行振込口座 銀行名:ゆうちょ銀行、金融機関コード:9900 店番:089
預金種目:当座 店名:〇八九店 口座番号:0120411
※郵便局に備え付けの青色の振込用紙をご利用のうえ通信欄に「マンモグラフィ施設画像評価 【デジタル(ソフトコピー)】」と「施設名」をご記入下さい。
※振込手数料はお申込者のご負担になります。
申込み方法 下記より臨床画像評価の準備を行ってから、要項の記入・申込みを行ってください。
施設画像評価の『提出方法のページ』を参考にしてください。
申込み先 〒460-0002
名古屋市中区丸の内2丁目12番26号 丸の内セントラルビル 7階
日本乳がん検診精度管理中央機構 名古屋事務所・施設画像評価委員会
TEL:052-219-8166 FAX:052-219-8165
E-mail:mmg.evaluation@blue.ocn.ne.jp

→マンモグラフィ施設画像評価 【デジタル(ソフトコピー)】提出方法のページ

上記提出方法のページを確認し、必須事項を理解した上で申し込みを行ってください。