お知らせ

乳房の構成の分類に関するお知らせ

精中機構からのお知らせ:2017年3月21日掲載
対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言
【関連資料】対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する報告書.pdf(410KB)の
(2) 定義と用語、判断基準について(PP資料2-4)
これまで高濃度乳房、高濃度乳腺、デンスブレストなどの用語が使用され混乱が見られたので、用語を整理した。世界標準のDense Breastの定義は、ACRBI-RADSの4つのBreast Density分類の濃度の高い2つをDense Breastと定義しているので、わが国のマンモグラフィ(以下MGという。)ガイドラインでも”高濃度“と”不均一高濃度“をDense Breastと定義するのが妥当と判断し、その和訳を「高濃度乳房」とすることを提案する。
高濃度乳房の判断基準に関しては、定性的視覚的評価を用い、その基準は精中機構施設・画像評価委員会の「乳房の構成の分類に関するお知らせ」(資料?)を採用する。(尚この文中の4)高濃度は「高濃度乳房」と紛らわしいので「極めて高濃度」と呼ぶことを提案する。)

提案が精中機構の総会(2017.4.16)において承認されましたので、下記に修正してお知らせいたします。

平成29年 4月16日
NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構
施設・画像評価委員会委員長 横江隆夫

乳房の構成の分類に関するお知らせ

施設画像評価委員会では乳房の構成の分類について「マンモグラフィガイドライン(医学書院)」および「マンモグラフィによる乳がん検診の手引き-精度管理マニュアル-(日本医事新報社)」に準拠して評価・判定を実施しております。
乳房の構成の分類を正しく理解されていない施設が多く見受けられ、乳房の構成が不適切で再提出が多くなっています。
施設画像評価には下記の分類内容を参考にご理解の上、臨床画像を提出いただきますよ うお願いいたします。

乳房の構成の分類について

乳房内の乳腺実質の量と分布(脂肪の混在する程度)に関する評価で、病変が正常乳腺に隠されてしまう危険性の程度を示す※1ものである。
以下のように分類する。

  1. 脂肪性:乳房はほぼ完全に脂肪に置き換えられている。病変が撮影範囲に入っていれば、検出は容易である。
  2. 乳腺散在:脂肪に置き換えられた乳房内に乳腺が散在している。病変の検出は容易で ある。乳腺内※2の脂肪が 70?90%程度を目安とする。
  3. 不均一高濃度:乳腺実質内に脂肪が混在※3し、不均一な濃度を呈する。病変が正常乳 腺に隠される危険性がある。乳腺内</span>の脂肪が 40〜50%程度を目安とする。
  4. 極めて高濃度:乳腺実質内に脂肪の混在はほとんどなく※4、病変検 出率は低い。乳腺内の脂肪が 10?20%程度を目安とする。
    もし、豊胸術がなされているならば、報告書に追記する。
  5. 左右差がある場合には、より高濃度の判定とする。

高濃度乳房(いわゆるdense breast)は、不均一高濃度と極めて高濃度を併せたものと定義する。

 2017年4月の時点で最新のマンモグラフフィガイドライン第3版増補版 では脂肪性、乳腺散在、不均一高濃度、高濃度の4分類となっているが、次回の改訂の際には上記用語を使用の予定である。

(要点)

※1 乳房の構成を分類する目的は、病変が正常乳腺に隠されてしまう危険性の程度を示すものである。
※2 乳房内ではなく、乳腺内における脂肪の割合である
※3 脂肪性と乳腺散在は乳房内に脂肪が多く、乳腺が少ないことに重点が置かれている。
乳腺散在における乳腺実質内の脂肪についての言及はないが、脂肪に置き換えられた乳房
内に乳腺が散在しており、「病変の検出が容易」という表現であることから、乳腺内には多くの脂肪が含まれていると解釈できる。

  → 脂肪の豊富な乳房内に厚い・脂肪を混在しない乳腺の場合には、乳腺実質の評価で分類することとなる。
※4 不均一高濃度と高濃度については、乳房内の脂肪量について言及していない。乳腺実質内にある脂肪量が問題である。つまり、乳腺実質周囲の脂肪量は考慮の対象にならない。
→ 見かけ高濃度は、撮影手技により小さな嚢胞も描出できる、あるいは、微小石灰化も検出できるような場合には高濃度ではなく、不均一高濃度に分類してよい。


ファイルイメージ

乳房の構成の分類に関するお知らせ.pdf(99KB)


対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言

乳がん検診に従事する医療関係者、市区町村がん検診担当者、及び検診施設の皆様へ

平成29年3月21日
日本乳癌検診学会・日本乳癌学会・日本乳がん検診精度管理中央機構

 乳房濃度が高い受診者ではマンモグラフィ検診の感度が低く、乳がんの罹患リスクが高いことが示されている。米国では近年マンモグラフィ検診受診者に対して乳房の構成を通知する活動が広がり、日本でも特に対策型検診において乳房の構成を通知するか否かが問題となっている。この課題に関して、日本乳癌検診学会、日本乳癌学会、日本乳がん検診精度管理中央機構が共同でワーキンググループを立ち上げ、その方向性を検討した。
 任意型乳がん検診としてマンモグラフィを行っている米国では乳房の構成の通知が行われており、50州のうち27州で通知が法制化されている。一方、対策型乳がん検診を主として行っている欧州では乳房の構成の通知を義務付けている国はない。日本では公共政策として対策型乳がん検診を行っており、その受診者の約40%が高濃度乳房に分類されると推定される。高濃度乳房は乳房の性状であり、所見や疾病ではないため、高濃度乳房であることを理由に要精密検査と判定してはならず、原則としてその後の対応として保険診療による追加検査の施行は認められない。
 乳がん検診における科学的根拠のある検診方法は、現時点でマンモグラフィ以外にない(「有効性評価に基づく乳がん検診ガイドライン2013年度版」参照)。高濃度乳房に対する検診方法として期待される乳房超音波検査に関しては、がん対策のための戦略研究「超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験」(J-START)が実施され、感度及びがん発見率が上昇する結果が得られているが、死亡率減少効果は明らかではなく、特異度の低下などの不利益を最小化するための対策等も今後の課題である。また、現時点では乳房超音波検査による乳がん検診を全国的に行う実施体制は人的資源確保を含め十分整っていない。従って、現時点では対策型検診において乳房超音波検査は高濃度乳房に対する検診方法として適切な検査方法とは言えない。
 一方で、乳房の構成は受診者個人の情報であり、受診者の知る権利は尊重されるべきである。しかし市区町村が受診者に乳房の構成を通知する際は単に受診者に対して乳房濃度を伝えるだけでは、十分とは言えない。乳がん検診の限界や高濃度乳房であることの意味、自覚症状が生じた場合の対応等の情報提供に関する体制整備が今後の課題である。

以上を勘案して、以下のとおり提言する

【提言】

  • 対策型検診において受診者に乳房の構成(極めて高濃度、不均一高濃度、乳腺散在、脂肪性)を一律に通知することは現時点では時期尚早である。乳房の構成の通知は、今後検討が進み対象者の対応(検査法等)が明示できる体制が整った上で、実施されることが望ましい。
  • 乳房の構成は受診者個人の情報であり、受診者への通知を全面的に妨げるものではない。通知するにあたって、市区町村には受診者から正しい理解が得られるような説明・指導とそのための体制整備が求められる。今後、受診者のニーズを踏まえたよりよい通知の方法について、対応を検討していく必要がある。
  • 高濃度乳房の実態、乳房超音波検査などの検診方法の効果、高濃度乳房を正しく理解するための方策などを、国および関係各団体は協力して検討して行く必要がある。

ファイルイメージ

対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言.pdf(84KB)


【関連資料】


ファイルイメージ

対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する報告書.pdf(410KB)


ファイルイメージ

報告書添付資料.pdf(823KB)


マンモグラフィ読影部門に高解像度タブレット端末を導入いたしました。

これまで、読影講習会、試験、更新講習会は、ハードコピー(シャウカステンとフィルムを用いた方法)により実施してまいりました。近年、ソフトコピー診断施設が急増しており、これらに対応すべく、本会でも平成28年10月より高解像度タブレット端末も用いての読影講習会、試験、更新講習会を実施しております。


会場風景


今後、要望人数に対応する頻度で、ハードコピー(シャウカステンとフィルムを用いた方法)あるいはソフトコピー(高解像度タブレット端末を用いた方法)による講習会・更新講習会・ランクアップ試験を開催する予定です。お申し込み時には、上記いずれの方法でであるかを確認してお申し込みください。


マンモグラフィ読影試験 評価基準の変更、採点に関するお知らせ

 乳がん検診の不利益の一つとして偽陽性(ひっかけすぎ)が問題となっています。その改善策として本機構の教育研修委員会では、読影講習会の講習内容、ならびに試験評価の見直しが必要と考え、以下の提案を平成28年9月の理事会に提出し承認されました。本案は平成29年4月から実施されます。したがって今回の読影試験も以下の内容で評価が行われます。

特異度を症例単位で計算し、その数値をこれまでの評価基準に当てはめて合否決定を行う。

 この改定によって、これまで、感度の基準(ほぼ症例単位に一致)に対して特異度の評価基準が不釣り合いに低かった点が改善されること、症例単位で計算することでより現場の実態に近い評価がなされることなどを期待しています。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。